新しい殺菌技術への取組

現在の殺菌技術における問題点
1.化学薬品による殺菌は薬害にもなる
2.オゾン、プラズマ式、電界、紫外線等は抵抗率で有害性もある
3.加熱殺菌は生飲料、酵母に品質の劣化を生じ加熱エネルギーも大きい

問題点を打開する新技術

1.常温で最近の細胞膜を高電界破壊する新殺菌方式
2.常温処理で味や品質が不変、無害で安全かつ安心
3.永期待以外に一部柔軟な材質にも適応が可能
4.単純機構で安価な設備、創業コスト、省電力で省エネ効果

高電界ストリーマ殺菌

 殺菌対処不能な生鮮食品等の無菌化と長消費期限

        1.精肉、野菜、鮮魚等生鮮食品             
        2.生果汁と冷菓子、生クリーム             

 加熱殺菌から代替可能な食品加工       

    3.牛乳、豆乳や果汁等の生飲料食品    
            4.清涼飲料の高濃度化、ドレッシングなど液体食品    
  5.醸造酒の生酒化と防腐剤の削減       

 通常除菌用途の品質向上           

  6.豆腐、麺、野菜などの無菌化へ品質向上     
  7.プール、浴場、水処理への除菌対策            
  8.医薬品、化粧品などの殺菌工程の簡素化